回収依頼前に確認しておきたい不用品の種類

家電の種類を調べよう

リサイクルする家電

家電リサイクル法という法律が決まっています。
簡単に説明すると、必要無くなってもすぐゴミに出さないでリサイクルする決まりになっています。
家電リサイクル法に含まれる家電は、処分方法が通常の家電と異なることを覚えておきましょう。

家電リサイクル法に含まれるのは、エアコン、テレビ、洗濯機などです。
これらは不用品として、ゴミに出さないよう気をつけてください。
業者を調べる時は、どのような方法で処理してくれるのかも調べましょう。
きちんと法律通りに処理してくれる業者なら、家電リサイクル法に含まれる家電も回収してくれます。
しかし回収した家電を、適当に捨てる業者も見られるので注意が必要です。
リサイクルしてくれる業者に任せましょう。

普通の家電とは

リサイクル法があるので、家電を行政に回収してもらう時は少しややこしいです。
ですが家電リサイクル法に含まる家電以外は、どこの業者でも引き取ってくれるので安心してください。
炊飯器やアイロン、ポットなどが通常の家電に含まれます。
引っ越しをする時などに、処分したいと思うでしょうから異業者を見つけておきましょう。

それらを回収する際も手数料が発生しますが、高くても500円程度で済むことが多いです。
たくさん回収してもらっても、大きな出費には感じにくいでしょう。
また、業者によって基本料金などが変わります。
あまり予算が多くない人は、料金が安いところを積極的に探すのも良い方法です。
目的に応じて、業者を使い分けてください。


この記事をシェアする