回収依頼前に確認しておきたい不用品の種類

回収してもらう必要がある

大きい家具を出す

大きいサイズの家具を処分したいと思った時は、行政に依頼してください。
あまりにも大きい場合は、自分で小さく解体してから依頼しましょう。
小さくしたからと言って、手数料が安くなる訳ではありません。
大きさによって手数料が変化しますが、解体する前の大きさを基準にしています。
必ず、解体前の手数料を用意しましょう。

たくさん大きいサイズの家具を出す場合は
出費が大きくなることを覚えておきましょう。
本棚くらいの大きさになると、3000円から5000円になります。
また手数料を安くすることはできませんが、スタッフの負担を減らすことで基本料金を安くすることができる企業があります。
スタッフの手間を省く意味でも、自分で小さく解体しましょう。

何を回収できるのか

家電は、リサイクル法に含まれるものは別の方法で処分することになります。
ですからいちいち分けて不用品回収の業者に依頼するのは、少し面倒です。
ですが家具は、基本的に何でも回収してもらうことができます。
どれが回収の対象になるのか分からない場合は、業者のスタッフに聞いても良いでしょう。
仮に回収できないと判断された場合は、代わりの連絡先を教えてくれます。
そこに連絡すれば良いので、悩んでいる無駄な時間を省くことができます。

タンスやベッドも回収できるので、遠慮しないで相談してください。
ベッドは、同時に布団やマットも処分したいと考える人が多いと思います。
それらも回収してくれる業者が多いので、安心して任せてください。


この記事をシェアする