回収依頼前に確認しておきたい不用品の種類

不用品を回収してもらう

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

回収してもらう必要がある

家具は、不用品に含まれます。 通常の燃えるゴミに出すことはできないので、適切な回収方法を知って行政に処分してもらってください 家具と言ってもいろんな種類があります。 大きいサイズの家具を出す時の注意点などもあり、間違った方法では回収してもらえません。 続きを読む

家具を出す時の注意

普通のゴミは、燃えるゴミや燃えないゴミに出すことができます。
住んでいる地域によって日にちが異なりますが、基本的に毎週出すことができます。
ですが、家具や家電になどの大きなゴミは燃えるゴミの日に出すことができません。
処分したいと思ったら、回収してくれる業者に依頼する必要があります。
手順がきちんと決まっているので、大型の不用品を処分したいと思った時にすぐ行動できるよう調べておきましょう。

また、自分は不用品だと思っても回収できないものがあります。
不用品回収では、どのようなものを回収できるのか調べてください。
日本では、ゴミを処分する時の法律が細かく決められています。
適当に不用品を処分すると、法律違反になって罰を受けることになるので気をつけてください。
業者に任せれば安心かと思いますが、業者が回収した不用品を不法投棄している可能性があります。
依頼する前に、正しくい方法で処分してくれるのか確認しましょう。

さらに回収する時には料金が発生します。
不用品の種類によって金額が変わるので、調べて用意しておくことを忘れないでください。
小型の家具や家電だった場合は、1000円から3000円ぐらいで済みます。
ですが大型の家具だと、5000円ぐらいになってしまうこともあります。
意外と不用品を回収してもらう時に、高い料金が発生すると覚えておきましょう。
注意点がいくつかあるので、前もって調べるとスムーズに行動することができます。

家電の種類を調べよう

家電を回収してもらう時は、種類を確認してください。 家具のように、何でも回収してもらうことはできません。 処分できるものと、リサイクルするものに分けられます。 自分が出したい家電の種類はどちらに含まれるのか、先にチェックしてから業者に依頼しましょう。

続きを読む

回収できないものは何か

ほとんど何でも引き取ってくれますが、業者では全てのものを回収してくれるわけではありません。 回収してもらいたいものがいいのか、調べてから連絡しましょう。 業者によって回収できるものが変わります。 分からなかった場合は、電話やメールで聞いてみるのも良い方法です。

続きを読む